空と谷を見上げるカマイタチ

「アイスティー」が好きな人もいれば、嫌いな人もいるはず。なにも思わない人も。あなたにとっての「麻婆豆腐」って、どうなんだろう?

ホーム

控え目に跳ねる彼とよく冷えたビール

エクセルシオールでもマックカフェでもいろんな場所で美味しいコーヒーを飲むことができる。
他にも、部屋でインスタントを入れてもいいし、自動販売機で買う缶コーヒーでも。
私が大好きなのがスターバックスだ。
全店禁煙と言うのが、タバコの苦手な私にはポイントが高い。
そのことから、コーヒーの香りを楽しむことができる。
値段もそれなりだが、美味しい豆が使われているのでコーヒーにうるさい人には最高だ。
甘いもの好きには来るたびにコーヒーと一緒に、つられてケーキも頼んでしまうという落とし穴もある。

湿気の多い仏滅の午前に料理を
蝉も鳴かなくなった夏の晩。
少年は家の縁側に座り、スイカを食べていた。
かじってはスイカの種を外に向けて吐いていると、ときおりタネが飛ばずに、自分のお腹や胸に落ちる時もあった。
横に置いている蚊取り線香の香りと、風の吹かない蒸し返す夜、そしてスイカの味。
少年はそれらを感じながら、この夏これからどんなことして遊ぼうかな、と考えていた。

笑顔で体操する姉妹と紅葉の山

海辺が非常に近く、サーフィンのメッカとしても非常に知られているスポットの歩いてすぐに住んでいます。
という理由で、サーフィンをする方はものすごく多くいて、仕事の前に朝ちょっと行くという人も存在する。
そのように、波乗りをしている人が多数いるので、一緒にサーフィンに行こうと言われる方もすごくあったのですが、絶対に断っていた。
それは、私が、運動神経が悪く、泳げないからだ。
けれども、泳げなくてもサーフィンはできると言われ、サーフィンをしてみたけれど行ったスポットは初心者じゃない人が波乗りに行く場所で、テトラポッドが近くに広がっていて、波乗りのスペースが狭い海だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も少なくて、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

どんよりした火曜の夜に外へ
午前中、時間に余裕があったので、CDショップに出かけた。
新たにmp3playerに入れる楽曲を見つけるため。
最近、持ち歩いて聞いたのが西野カナさん。
常に聞いているのが洋楽。
ワールドミュージックも魅力的だと近頃思う。
そこで、今日はレンタルしたのはセルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキンだ。
甘い声とフランス語が素敵だと思う。

熱中して歌う家族と月夜

ふつう、できるだけさっぱりしたコーディネイトで出歩く私は、周りにビビられるけど。
コルセットやコスメやヘアーアクセサリーまで揃っていて、統一して使いたいと思えば節約生活になりそうだ。
なんとしても、jill stuartはやめられない。

雲が多い水曜の朝はひっそりと
村上春樹の文庫本がおもしろいと、周りの人々の話を聞き、初めて購入したのがノルウェイの森だ。
このストーリーは海外でも大勢の人に読まれ、松山ケンイチさん主演での映画も公開された。
村上春樹の小説は、面白く、サクサクサクと読めてしまう所が良いと思う。
直子と緑との中間でゆれる、ワタナベは、実に生きる死ぬの世界でゆれているようだ。
そういった骨組みを取り除いても直子も緑も素敵だと思う。
他にも、キズキや永沢さんやレイコさんという登場人物が加わる。
登場人物のみんなが、魅力的で一風変わっていて陰の部分を持ちあわせている。
もう何年も前に知った本だがもう一回読もう!と思い、ページをめくったことが何回かある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
素敵な返しだなと思ったシーン。
で、直子がちょっとだけうらやましくなった。

怒って叫ぶ家族と季節はずれの雪

また、麻衣子と明日香と海外旅行に行ってきました。
2人は、私の学生時代の仲間で、一緒に学んだクラスメイトです。
しかも、学んでいたのが旅行業と、英語なので、旅が大好きな生徒たちでいっぱいでした。
なかでも、この2人を含む、気の合う6人でさまざまな地へ旅行に行った思い出は大切です。
私は元々そんなに仲のいい友達が多い方でもないし、それでそれで良いと満足しています。
だから、純粋にうれしかったけれど、隣で麻衣子が満足しているような感じだったのもツボでした。

騒がしく大声を出す子供と読みかけの本
嫌われ松子の一生というTBSドラマが放送されていましたが、好きだった方もいたと思います。
実際に、TBSは見なかったけれど、女優の中谷美紀主演で映画がクランクインされたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量が悪いからでもありますが複雑な立場にいながらも、悲観的にはなりません。
松子以外から見れば、幸せでないかもしれないけれど明るい未来を想像しています。
幸せになることについて、貪欲なんです。
そこに、リスペクトを感じました。
自分も幸せになりたいのに、そうなってしまうと幸せになる権利はないような気がする。
なんていう、訳の分からない状態に陥っていた悩み多き私は観賞中、明るくなりました。
とても、明るい映画なので、一押しです。
キャストの、中谷美紀さんは、音楽教師でも、ソープ嬢を演じても、美容師を演じても、なんでもはまってました。

目を閉じて歌う彼女と横殴りの雪

歌舞伎町のクラブの女性を見ると、素晴らしいと思う。
それは、キメキメの外見、マナー、努力を惜しまないところ。
お客に完全に勘違いをしてもらわないで、ビジネスだと思わせつつ、また店に来てもらう。
たまには、もしかしてこのお姉さん、自分に惚れているのかな?など思ってもらう。
バランスのとり方が、どんな職業よりも、絶妙だ。
それは置いといて、私はとにかくホステスの収入が凄く知りたい。

風の強い週末の昼にお酒を
さやかちゃんはルックスはのんびり屋に見えるけれど、かなりアクティブな女性。
優しい旦那様と、1歳の賢治くんと、3人でエスニック料理店の向かいのマンションに住んでいる。
パートも子育ても男の子行い、多忙だけど、時間の使い方は素晴らしい。
ちょっとでも暇を見つけると、遊びに行っていい?と絶対メールを入れてくれる。
私は結構頻繁にミスドを作って、さやかちゃんのうちに向かう。

サイト内カテゴリ

ページトップへ

Copyright (c) 2015 空と谷を見上げるカマイタチ All rights reserved.