空と谷を見上げるカマイタチ

たとえば、地球を初めて見る宇宙人に「トマトジュース」を説明するなら、どうやって言う?「ハンバーグ」の雰囲気とか、いや、まずは地球や世界についての説明からするかもね。

ホーム

一生懸命話す姉ちゃんとアスファルトの匂い

知佳ちゃんが、自宅のベランダで、トマトを作っている。
実がなったらトマトスープを作ってみたいらしい。
彼女は、しょっちゅう水も肥料もあげないし、ベランダにてたばこをふかすので、ミニトマトの環境は少しも良い環境ではない。
1日、水も肥料もあげてないと言う時期の、ミニトマトの外見は、緑色の葉がだらりとしていて、なんとなくガッカリしている姿にそっくりだ。
気の毒だったので、水と肥料をたくさんあげると、翌日の早朝のミニトマトは何事もなかったように復活していた。

無我夢中で大声を出す友人と壊れた自動販売機
昨年まで全く存在を知らなかったが、プールに入っても大丈夫なオムツというものがあるみたいだ。
都市部では、水用オムツをはいて入れることろと入らせてくれない所があるらしい。
確かに、プールに入っている人から見れば、専用のオムツでもおしっこなど含んでいるオムツで入られたら、いい気持ちはしない。
だけど、しかし、子供の親だったら、プールにいれてあげたいという気持ちもある。
ですが、立場が逆だとしたらめっちゃいやだ。

怒って泳ぐ姉ちゃんと月夜

ビールなど、アルコールのおともに、ヘルシーで健康に良い食材を!と思っている。
しばらくのおつまみは焼いた葱。
もっと前はシシャモ。
それにも飽きて、近頃は、湯葉だけれど、少々高めなのでそれも辞めた。
先日新メニューを発見した。
パック入りの100円しないくらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、マーガリンで炒めて、みりんと醤油を適量使用し整えたもの。
大分値段はリーズナブルだし、カロリーも低い気がしませんか。

熱中して踊る兄さんと横殴りの雪
宿泊に行きたくて思い焦がれていた所、と言うのは真鶴岬だ。
それを知ったのは「真鶴」という題の川上弘美の小説。
いろんな解釈があり、私の未熟な頭では、まだまだ理解はしていない。
しかし、ストーリー中の真鶴半島の様子が好きで、行ったことのない真鶴に憧れを抱いていた。
静岡県の、神奈川県小田原市の中間にある真鶴半島。
先が真鶴岬。
真鶴岬の少し先、海から見えているのは三ツ石という大きな岩が3つ。
真ん中の石の上には鳥居としめ縄があって潮がひいたら歩いて向かえる。
思いかなって、話の中のこの風景を見に行くことができた。
私のデジタル一眼の中には、真鶴がいっぱい。
小さな宿のお兄さんにここに住みたいと話すと喜んでくれた。

雹が降った水曜の日没に目を閉じて

この前、テレビで、マックのチキンナゲットの食感を味わえるレシピというふうに紹介していました。
とても味わえそうだと考えて、嫁に作ってもらいましたが、マックのチキンナゲットの食感では決してないけれどうまかったです。
周りがほんの少し固かったのだけれど、中身は、同じチキンなんだから、私程度ぐらいではちょびっとの異なるところはわからなくてめっちゃうまかったです。

陽の見えない平日の夜明けはビールを
何年か前の暑い時期、クーラーの効いた部屋の中で冷たいドリンクばかり摂取していた。
私は暑いと熱中症にかかっていたので、冷やすことが必須だと思ったからだ。
冷房の効いた部屋で、カーディガンもなし、さらにレモンティーにカルピスで体まで冷やした。
だから、順調だと思っていた夏。
しかし、寒くなって、前の年の冬よりもかなり震えを感じることが増えた。
部屋の外で行う業務がしょっちゅうだったこともあるが、体が冷えすぎてコンビニへすら出れないという状況。
なので、きっと、暑い時期の水分摂取は冬の体調管理にもつながると思う。
必要な栄養を取り、バランスの良い生活を送るのが懸命だと思う。

風の無い週末の深夜にゆっくりと

新入社員の頃に、よく理解していなかったので、大きなごたごたを起こしてしまった。
気にすることはないと言ってくれたお客さんたちに、挽回の仕方も分からず、号泣してしまった。
お客さんが、ドトールのラテをあげる、と言いながらくれた。
誤って2つ注文しちゃったんだよね、と話しながら全く違う飲み物を手に2つ。
長身で、細身で、とても穏やかな表情をした女性。
ありがたかったな、と思い返す。

気分良く泳ぐ妹と紅葉の山
某有名芸能人が引退記者会見なので、TVでうるさいぐらいやっているが、すごくすごいです。
次期国の首相がどなたに決定するかという内容より報道でも順番が先ですからね。
どなたが総理になろうが変わらないって考えるのもすごくいるし、それよりは某芸能人が芸能界を引退というほうが何かしら影響がでるということですかね。

よく晴れた週末の午前に友人と

よく一緒にいるチカコは賢いやつ。
頭が良いなーと思わされる。
とりあえず人を悪く言ったりはしない。
ん?と感じても、まずはその人の気持ちを重視する。
なので、視野が広がるし、強くなるのだ。
考えを貫く事より、こうしている方が知佳子にとって楽なのかもしれない。
自分が傷つかない方法、悲しい思いをしても次回の糧にするやり方をよく分かっている。

目を閉じて叫ぶ父さんと突風
その日は、小笠原諸島へ出張に出かけた。
ここは、とてもあつい!
ぴたっとした上着の上から、ジャケット。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、上着の背広はメチャクチャに。
宿泊先にに着いて、洗濯機もなかったのでボディーソープで綺麗にした。
夜が明けてジャケットはストロベリーの香りが続いた。
ジャケットが痛むのではないかと心配したけれど、何が何でも洗ってやると思っていた。

サイト内カテゴリ

ページトップへ

Copyright (c) 2015 空と谷を見上げるカマイタチ All rights reserved.