空と谷を見上げるカマイタチ

「ジントニック」は嫌い?好き?いろいろ思いがあるかもしれないけど、さほど悪くない気がする、「船乗り」って。そうだよね?

ホーム

のめり込んでお喋りする友人と電子レンジ

梅雨も終わり、今日セミが鳴いているのを聞いて、少年は「あぁ夏だなぁ。」と感じた。
夏休みが始まる前の休日のお昼前、少年は縁側でアイスを食べていた。
頭の上では風鈴がときどきチリリンと音を立てた。
いつにも増して暑い日で、日光が少年の座った足を照りつける。
少年は半ズボンだった。
顔を伝って汗が流れ、アイスも溶けてきた。
少年は、近くの市民プールのプール開きを楽しみにしていた。

笑顔で走る彼女と読みかけの本
このごろ、お腹周りの脂肪を減らさないとと思い筋トレをしている。
子供を俺の足元にしがみつかせて数を数えながら筋トレをしたら、娘とのふれあいにもなって、子供も一から数を習得するし、自らの見苦しい脂肪も少なくなるし、一石二鳥だと考えていたら、はじめのうちは、数を言いながら小さなわが子もすぐにあきてしまった。

ぽかぽかした休日の日没に外へ

人類の大半が水という研究もありますので、水の摂取は人の重要点です。
水の補給を欠かさず、皆が健康で楽しい夏を過ごしたいですね。
きらめく光の中から蝉の鳴き声が聞こえるこの頃、普段そんなに外出しないという方も外に出たくなるかもしれません。
すると、女の人だと日焼け対策に関して敏感な方が多いかもしれません。
暑い時期のお肌のお手入れは夏が過ぎた頃に表れるといいますので、やはり気にかけてしまう部分ですね。
そして、すべての方が気になっているのが水分補給に関してです。
まして、いつも水の飲みすぎは、良いとは言えないものの暑い時期は少し例外かもしれません。
どうしてかというと、多く汗を出して、気付かない間に水分が出ていくからです。
外出した時の自分の様態も関わるでしょう。
思いがけず、自分が気付かない間にわずかな脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
暑い時期の水分補給は、次の瞬間の体に表れるといっても過言ではないかもしれません。
短時間外へ出る時も、ちっちゃいものでオッケーなので、水筒があればとっても便利です。
人類の大半が水という研究もありますので、水の摂取は人の重要点です。
水の補給を欠かさず、皆が健康で楽しい夏を過ごしたいですね。

風の無い金曜の午後は立ちっぱなしで
たばこは身体に害がある。
と、理解していても購入してしまうものらしい。
新入社員の頃、業務の関係で会った建設会社の重役の年配の方。
「私が元気なのは、ニコチンと日本酒のおかげです!」なんて胸を張って言い切っていた。
これくらい言われると、ストレスのたまる禁煙は無しでもいいのかもな〜と感じる。

騒がしく泳ぐ友達と電子レンジ

アパレル店員さんって大変・・・など思うのは私だけだろうか。
出勤の度に、徹底的にファッションを選ばないと店のイメージが悪くなる。
私なんて、会社で働くときはスーツ着ればいいし、化粧だって簡単でOKとされる。
休日も、自分が満足する格好をすればいいし、家で働くときはTシャツにジーンズで問題ない。
だから、きっと、ファッションにかかわる商売には、就けない。
服を買おうとしていると、店員さんが話しかけてきてファッションポイントや合わせ方を語ってくれる。
何度買い物に来てもそれに緊張してしまい、買わずに去ってしまう。
これも、店員さんって務まらなさそうと思う大きい理由の一つだ。

湿気の多い月曜の夜明けに目を閉じて
日本は、多くのお祭りが催されているようだ。
生で確認したことはないけれどとても良く知っているのは、秩父夜祭で、別名、冬祭りだ。
圧倒されるような彫刻を施した、笠鉾と屋台の合計6基。
祭りの概要が分かる会館を見たときに、写真や実際の大きさのそれらを見せてもらった。
冬に開かれるので、冬祭りという別名でも呼ぶようだ。
実際に見てみたいお祭りの一つだ。
冬祭りとは逆に、夏に開催されているのは、箱崎のほうじょうやがあり、生き物の殺生を禁じるお祭り。
江戸の時には、この祭りの間、漁も禁止されたらしい。
伝統あるお祭りも大切だが、私はりんごあめも同様に大好きである。

薄暗い水曜の夕暮れは足を伸ばして

久しく行ってなかった外での仕事の時、初めて業務でお世話になったAさんという年配の方は、大柄な上司だ。
入社時に会った時以降気難しそうで仕事以外での会話は全然話す機会がなかった。
前回、なんとなくAさんの半袖になった大柄な腕をみて驚いた!
大粒の天然石のアクセサリーがいくつもつけられていたから。
思わず、パワーストーン好きなんですね!と言ってしまったくらい。
そしたらAさんは得意げに、想像とはうらはらに子供っぽい表情で、種類別の石の名前紹介してくれた。

泣きながらお喋りするあの子と暑い日差し
一人旅でも仕事でも、韓国に行く機会が多い。
縁があるのは、日本からすぐのプサン。
観光ももちろんだが、女の人は韓国のスキンケア商品や服など興味がある人も多いのではないだろうか。
韓国では見た目へのこだわり、つまり自分磨きへの情熱は素晴らしいといわれる。
面接や、パートナー選びの際に、日本に比べてあからさまに判断される場合が多々あるとか。
という事で、韓国製の化粧品は、美容成分が日本の商品より、多く含まれている。
という事から、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが使用後は期待してしまう。

息絶え絶えでお喋りする姉ちゃんと私

仕事で仲良くなった女の人がいる。
ちょっと風変わりな方で、トークの内容がどれも面白かった。
おまけに彼女は資格マニアだということ。
幼稚園の先生の免許、スキューバーの資格、通関士。
児童英語教師、調理師免許、元スチュワーデス。
公認会計士まで取得していると言っていたような・・・。
さすがに公認会計士の件を友達に話したら、あなたの聞き間違いだと思う、など言われたけれど。
彼女は、かなり年上の上司と職場結婚で寿退社していった。

よく晴れた月曜の夜明けに外へ
なぜか肉類があまり好きではない食べるものは当然魚介類メインになる。
そうなると、夏の、土用丑の日は、大したイベントごとだ。
江戸のあたりで鰻を開く場合、背開きという風習があるという。
どうしてかと言うと、かつて武士社会だったので、腹開きにすれば切腹に由来してしまい、よろしくないため。
もう一方で、大阪の方で開かれるうなぎには、腹開きにする事が一般的。
何故かと言うと、関西地方は商売の盛んな場所なので腹を割って話しましょうという事につながるから。
それでも、自腹を切るという取り方も通じるので、場所によっては良くない場合も。
何故かと言うと、関西地方は商売の盛んな場所なので腹を割って話しましょうという事につながるから。
それでも、自腹を切るという取り方も通じるので、場所によっては良くない場合も。
上の知識は、観光バス会社で働いていた時に、常に、観光客に言っていた内容です。
上野駅から乗り込みして、静岡県の浜名湖や沼津や三島へうなぎを食べるために向かおうという日程。

サイト内カテゴリ

ページトップへ

Copyright (c) 2015 空と谷を見上げるカマイタチ All rights reserved.